ミニベロ フォールディング
ミニベロ折りたたみ自転車サークル
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェーンオイル
ternにチェーンオイル

21


ternでは初のチェーンオイル変更!

まず、クリーナーで古いオイルを取り除き
室内で乾燥後、ダホンの時と同じオイルを注しました。
FINISH LINEのDRY赤
純正で最初から付いてたオイルと今度、乗り比べてみたいと思っています。
自分の周りでは、FINISH LINEのDRYを進めるので、これにしてますが、自分的感覚で言うとWETとの方が滑らかに動く気がします。

今回はチェーンオイルのWETとDRYで考えてみたいと思います。

WET
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ーメリットー
・雨に強い
・油膜保持力
・オフロードや雨の日に強い

 ーデメリットー
・汚れが付き易い

DRY
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ーメリットー
・汚れにくい
・よく売れている安心感
 
 ーデメリットー
・滑らかさに疑問
・雨に弱い
・こまめな注油が必要

素人で経験不足の考えですが
簡単に長所短所を上げましたが、1番考えなければイケナイ事は自転車を滑らかに走らす事!
その為には抵抗のないオイルをと考えることだと思います。
そうなるとWETタイプになるのではと考えたくなります。
もう一つの理由としてWETからDRYに変えるとチェーンの音が出てくる様になります。
それは摩擦が大きくなった証ではないかと推測します。

例えば、車のブレーキパットでホイルが汚れて困った経験をされてる方がおられると思います。
粉が出て汚れるから効きがいい、粉が出にくく汚れにくいものは効きが悪い
と常識的になっています。
自転車のオイルもそのような事があるのではと思っております。

色んな考えがあると思いますが、今のところ自分の研究課題ですかね!
オイルについて何か情報、経験から感じたもの等あれば提供をお願い致します。

22


.
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ミニベロ フォールディング all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。